マキタ ブロワ MUB100 買ってみた

マキタ ブロワ MUB100

今までパソコン周りの掃除に、スプレー缶タイプのブロワーを買って使用していたのですが、値段が1本500~600円と結構高いので気兼ねなく使うことが出来ずに、ちまちまと使っていました。

掃除をもっとスプレーの残量を気にせずに出来ないかと思っていたところ、

上記記事で紹介されていた電器工具のブロワーが一目で気に入り購入してみました。

Amazonで4,980円で購入しました。※現在品切れ中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使ってみて良かった点

とにかくパワフルで、一気にホコリを飛ばせます。吹き飛ぶホコリを見るとと気持ちが良いです。

掃除中のパソコンケースの前面フィルタ
パソコンケースの前面フィルタ

パソコンケースフロントフィルター掃除前アップ
目にホコリが詰まっている

パソコンケースフロントフィルター掃除後アップ
詰まっていたホコリを全部吹き飛んだ

キーボードなどの凸凹した形状のモノでもキレイにすることが出来ます。

掃除前のキーボード

掃除後のキーボード

ダイヤルで風量も6段階調節できるので、様々な用途に対応できます。

マキタ ブロワ MUB100 ダイヤル
1から6まで使いながら調整できる

さらに一度買ってしまえば、ランニングコストは電気代だけなので、気兼ねなくいつでも使えるのが良いです。

パソコン周りだけではなく、隙間に溜まっているホコリやごみを吹き飛ばせ、部屋掃除にも使えるので一石二鳥です。

使ってみて悪かった点

パワフルな分、風量を最大にするとものすごく大きな音がします。家庭用掃除機の1.5倍くらいの音が出ます(あくまで個人的な感想)ので、使用する時間帯に気をつけた方が良いかもしれません。

スプレータイプより重くて(約1.3kg)、大きい(機体のみの大きさ 長さ428mm × 幅163mm × 高さ212mm)ので小回りが聞かなく、狭い場所では使いづらいかも。

まとめ

買って良かった商品です。現在Amazonでは売り切れですが、他社製品で同じような製品もありますので、パソコンを複数台持っている方や、こまめに掃除する方には電気工具のブロワーはおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です