JFSA 生おろし にんにく 1kg 買ってみた

JFSA 生おろし にんにく 1kg

業務用スーパーにはたくさんお得な商品がありますが、今回は大槻食品館・キャロットさんで購入した私のお気に入りの商品を紹介します。

それはJFSA 生おろし にんにくです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おろしにんにくは便利!!

にんにくは中華の炒め物やパスタを作るときに欠かせない食材で、私はよく麻婆豆腐やラーメンを作る際に使用します。

ただ、生のにんにくを購入して、自分ですりおろして使用するのは結構手間がかかる作業です。

手についた匂いは、なかなかとれませんし、使用したおろし金の後片付けもしなければなりません。

そんな時に便利なのがJFSA 生おろし にんにくです。

すりおろし済みなので、使う時に搾り出したり、スプーンですくって入れる事が出来るので、直接手に触れる事無く簡単に使用することが出来ます。

内容量

私は料理をほぼ毎日するので、小さいチューブ入りのにんにくだとあっという間になくなってしまい、その都度買うか、もしくは買い置きをしておかないといけません。

今回紹介する商品、JFSA 生おろし にんにくの内容量はなんと1kg

チューブ入りの物が約42gで、小瓶入りタイプの物だと約72gですから約13倍から約23倍の容量です。

これだけの量だと一人暮らしであまり料理をしない方にとっては消費するのも大変かもしれません。

値段

JFSA 生おろし にんにく 1kg アップ

値段は1kgで700円と一見高く思えますが、100gあたりの値段で計算するとお得感が一目瞭然です。

チューブ入り(約42g)のものが128円で100gあたり約307円、小瓶入り(約72g)のものは250円で100gあたり約347円です。

JFSAの生おろし にんにく 1kgは100gあたり70円とかなりお得なお値段です。

※それぞれの商品の値段は近所のスーパーの値段を参考にしています。

JFSA 生おろしにんにく1kg 裏ラベル

チューブ入りや小瓶タイプのものには食塩や調味料が入っておりにんにく以外の味がしますが、この商品にはにんにくの他にはph調整剤しか入っていないので、にんにく本来の味だけがします。

料理で使う際には、余計な味が入っていないので味付けの調整しやすいのがポイントです。

気をつける点

安くて、味も問題ない商品ですが1つだけ気をつけなければならない点があります。

TO テーオー テンメンジャン(甜面醤) 500g 買ってみた
麻婆豆腐が好きでよく作るのですが、その際、"麻婆豆腐の素"を使わずに豆板醤と甜面醤(テンメンジャン)を使って自分...

TO テーオー テンメンジャン(甜面醤) 500g 買ってみたのレビューの時も言ったのですが、容量が大きいので必然的に収納スペースも広く確保しなければならないことです。

容器の大きさが約高さ18cm×奥行き10cmと結構の場所をとりますし、開封後は要冷蔵なので冷蔵庫内にそのスペースが必要となってきます。

ほしいと思った方は冷蔵庫の空きスペースを確認してからのご購入をお勧めします。

まとめ

冷蔵庫のそれなりのスペースを確保する必要がありますが、それに見合うだけのコストパフォーマンスを発揮します。

夏バテしないように、にんにくを食べてスタミナをつけたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です